ランクル60故障・トラブル実体験 エアコンの風が出ない・・・ヒーターブロアーレジスター交換!簡単DIYで修理完了!

こんにちはkk318です!

今日はエアコンの風量調整故障の修理方法をお伝えします!風が出ない故障は、だいたいが1段階目の風量小が出ないトラブルが多いです。症状が進むと2段階目も出なくなったりします。

こんな時はヒーターブロアレジスターの故障が考えられます!というかまず間違いなくブロアーレジスターの交換で直ると思いますのでDIYで修理しちゃいましょう!

ヒーター不具合の症状

不具合の症状はエアコンの風量調整の1段階目もしくは1段階目と2段階目で風が出ない・・・風量を上げると風がでる!こんな症状はヒーターブロアーレジスターの交換ですぐ直ります!

部品さえ購入すれば交換自体はとても簡単です!必要な工具もプラスドライバー1本だけです。ドライバーは皆さん持ってますよね?!車載工具にも入ってるか!

部品はトヨタディーラーで注文購入できますよ!さすがに在庫は無いと思いますので入庫まで何日かはかかると思います。

 

ヒーターブロアーレジスターの設置場所を探す

ヒーターブロアーレジスターのある場所は運転席足元の奥で中央の方!矢印の奥を覗くと見えますよ!ライトがあった方が見つけやすいです。

頭からもぐり込んでください!結構奥の方なので、ちらっと覗く程度では見えませんよ・・・。

 

これがヒーターブロアーレジスターです!

交換も簡単です、プラスのドライバーで出来ちゃいます♪

まずは矢印の配線カプラーを取り外します。

カプラーは固くて外れないこともありますので、左側のフックをつまみながらグリグリと少しずつ引っこ抜いてください。

 

配線が外れたら両サイドの2本のプラスネジをドライバーで外し、本体を引き出します。

 

新品のヒーターブロアーレジスターを取り付ける

こちらが新品のヒーターブロアーレジスターです。

ぐるぐる巻きの針金みたいなものが大小3っつありますね、なんとなくここは触らない方が良さそうなので取り付け時には注意しましょう。

この針金みたいなコイルが抵抗になって電気の流れる量を変化させてファン(扇風機みたいな風を作り出す部分)の回転をコントロールしています。

このコイルが一か所切れると1段階目の風が出なくなったりします。

部品代としては1,000円位なのでDIYでサクッと修理しちゃいましょう!

 

裏側にコネクター差し込みがあります。

ここをつまんでコイルがぶつからないように慎重に差し込んでネジ2本で固定し、カプラー配線を取り付けたら完了です!

ね、とっても簡単でしょ!

今日はエアコン風量調整故障の修理についてでした。

 

ランクル60の情報はこちらにも色々と出ていますよ!【ランクル専門店】

 

愛車は今いくら?無料の簡単査定はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link